パートナーシップに悩んでわかった極意 Part 1

 

 

みなさん

こんばんは(*'▽')

 

 

あなたの大丈夫にトコトンこだわる

ストレスクリア®コーチ

こうもとりほです。

 

 

 

昨日は九州を台風横断!

みなさんお変わりないですか?

 

 

 

私の住む博多の街は

強風雨が吹き荒れるでもなく

一日が過ぎました。ありがたいです。

 

ですが先程から大雨特別警報が相次いでいます。九州のみなさま。

どうぞ安全な夜をお過ごしください。

 

 

 ==============

さて今日から3回にわたって

私が夫から学んだ

パートナーシップの極意を

まとめてみたいと思います。

============== 

 

決してきれいごとでは済まない

パートナーとのなんやかや。

 

 

今じゃ笑って話せますが

当時の私は相当ココロが

ささくれておりました。

 

 

そんな私が色んな体験を経たいま

たどり着いた風景は

 

いつもの日常生活の中で

家族みんなが色んな感情を味わいながらも

笑顔でおやすみ。

そしておはよう。

そんな穏やかな家族の風景。

 

そしてそんな風景の中に

ゆったりと居ながら

理想的な人生に

着実に近づいている私がいます。

そんな極意をお伝えします。

 

 

 

■■■ パートナーシップの極意1 ■■■

         『人を変えることはできない』

 

ふーーーん。。。

そんなこと知ってるよ。

 

そうでしょう。

そうでしょう。

 

よく耳にするけど

でもなかなか難しいこと。

 

これは人生の極意かもしれません。

この極意が肚の底から理解できると

本当に生きるのが楽になります。

 

 

そうはいっても懲りずについつい

変われーー!

変われーー!

やっていました。

なんて愚かな私

それも結果は分かっているのにね。

 

 

愛の賞味期限は3年とか4年とか。

私の夫を変えたい症候群に火がついたのが

やはり結婚して4年目ぐらいでした。

 

 

二人目を妊娠・出産

親子3人で入院

生後半年の乳飲み子を抱えてのお引越し

もう人生ヘトヘトでした。

 

 

こんなに私ひとりでがんばってるのに

それも誰も知らない沖縄で

チビ二人も抱えて!!!

あんたも少しは手伝えよ!!!!

これは私の本音。

 

 

ヘトヘトなのは夫もおんなじだったはず。

今ならわかります。

 

 

でもその当時の私はしんどすぎて

口を開けば

あれして!これして!

そんなんじゃダメだよ!

それが日常会話になってたな(-_-;)

でも夫は聞いてるのか聞いてないのか???

 

 

夫が〇〇だったら

私が心地よく居られるのに。

幸せでいられるのに。

そんな想いが頭の中をぐるぐる。

 

 

夫は兄弟げんかをほとんどせずに

育ったそうです。

 

 

でも怒りのボルテージMaxの私は

そんな夫を怒らせるのがとってもうまい💦

 

 

その結果わが家では

私の目の前を

塩サバののったお皿が

飛んでいったこともありましたww

 

 

中学生じゃーあるまいし

壁に穴をあけたことも。

 

 

本当にひどい一言を私が放ってしまい

夫はあまりの怒りを抑えきれず

3人掛けのソファーをひっくり返し

勢い余って

ソファーの脚であごをケガして

流血の事態に。チーーン。。。

 

 

はぁーーーーーーーーーーーー。

私はこんなにしてまで

何をどうしたかったのでしょうか?

 

 

その頃の私は

私の理想の生活のするために

夫を変えたくて

夫を変えたくて

夫を変えたくて

でもその行き着く先は

ちっとも嬉しくないことになってしまう。

 

 

そんな激しい時代を私も懲りずに

続けていましたが

はた、と気づいたのです。

 

 

私の理想の生活に近づくはずが

ちっとも現実が変わっていないじゃないの。。。

 

 

なんで???

どうして???

私は間違ったこと言ってないし。

私の方が正しいし。

真剣にそう思ってました。

 

 

そんなある日

本のタイトルは忘れたのですが

『人を変えることはできない。』がテーマの

ある本に出会いました。

 

 

散々やっても

苦しいばかりで

夫を変えられなかった私のココロに

『人を変えることはできない』

それは本当だ!とやっと素直に

その言葉が肚に落ちる瞬間がやってきたのです。

 

 

でもその続きを読んでみると。。。

 

 

この続きは明日にしますね。

長々とおつきあいありがとうございました♡

 

f:id:rihoksc853:20170705153758j:image